Practice Swing

barbarian.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:【教材選び】( 12 )


2005年 10月 10日

市橋本

文法の"すりこみ"は当分、市橋本をメインにやっていくことにした。調べたところ、市橋敬三氏の文法学習用の短文音読本(市橋本)には、いろんなシリーズが出ている模様。

■アスキー

・英語口―英文法ができると英会話ができる (初級編1):1680円
・英語口―英文法ができると英会話ができる (初級編2):1680円

■南雲堂

・3週間で英語が話せる魔法の英文法(Part1):1680円
・3週間で英語が話せる魔法の英文法(Part2):1680円
・3週間で英語が話せる魔法の英文法(Part3):1680円
・3週間で英語が話せる魔法の英文法(Part4):1680円
・3週間で英語が話せる魔法の英文法(Part5):1680円

■南雲堂
・TOEIC速習本 1 1890円
・TOEIC速習本 2 1890円
・TOEIC速習本 3 1890円
・TOEIC速習本 4 1890円
・TOEIC速習本 5 1890円
・TOEIC速習本 6 1890円
・TOEIC速習本 7 1890円
・TOEIC速習本 8 1890円
・TOEIC速習本 9 1890円

■ビジネス社
・TOEIC TEST目標点数を必ずとりにいく 330点 1995円
・TOEIC TEST目標点数を必ずとりにいく 430点 1995円
・TOEIC TEST目標点数を必ずとりにいく 530点 1995円
・TOEIC TEST目標点数を必ずとりにいく 630点 1995円
・TOEIC TEST目標点数を必ずとりにいく 730点 1995円
・TOEIC TEST目標点数を必ずとりにいく 830点 1995円

など。他にもいくつかシリーズがある。

まだ先の話だが、「中学英語で言いたいことが24時間話せる」のPart1、2が終わったら、「TOEIC速習本」のシリーズに進んでみようか。
[PR]

by barbarian001 | 2005-10-10 11:06 | 【教材選び】
2005年 08月 15日

最初の教材

利用する教材の条件として考慮したこと。

1.一つの文法事項に対して複数の用例が掲載されていること。

2.文法説明より、用例の多さを重視。

3.英文・和文が対照できること。

4.音声教材が添付されていること。


最初の教材は、以下の2冊に決定。

■中学英語で言いたいことが24時間話せる Part1  市橋敬三 著 南雲堂 1600円

■中学英語で言いたいことが24時間話せる Part2  市橋敬三 著 南雲堂 1600円
[PR]

by barbarian001 | 2005-08-15 07:35 | 【教材選び】